<- Back

●デッサンについて

フォトリアリスティックなCGを作るためには、それなりのデッサン力が必要となります。絵が下手な人が良い形のフィギュアを作れないのと一緒で、CGと言えどもコンピュータの仮想空間上に何かしらの形状を作り上げていくのは人間自身なので、その人に物の形の良し悪しを正確に判断する能力がなければ、いくら高価なソフトを使っても良いCGを作ることはできません。またCGソフトのレンダリング機能は、計算速度を速めるために光のシミュレーションの式をだいぶ端折っているのが普通ですから、実物そっくりのフォトリアルな画像を作るには、実世界の光がどういう振る舞いをするかを理解して、CGソフトで不足している分を自分で補わなければなりません。そのためにはデッサン力が必要なのです。

したがって、絵が下手でも「CGだったらコンピュータを使うので、自分でもすごいのが作れるかもしれない」という期待を持ってCGを始める人も多いと思われますが、ソフトを使い始めて1時間で現実の厳しさを思い知らされるでしょう。結局コンピュータは操作する人が命令したとおりにしか動かないので、もともと造形センスの無い人がお門違いの命令を入力して良いものができることはありません。

それではデッサン力を身につけるにはどうすればよいか? 実はデッサンというのは独学することが非常に難しく、よほどの天才でない限りは、きちんとした先生のもとで少なくとも数年は学ばないと、まず身につかないと思っていいでしょう。美術大学の出身者は基本的なデッサン力は身についているので、そうでない人とくらべて、明らかに仕事での成長のしかたが早いです(もちろん例外はあります)。

意外に思われるかもしれませんが、美術大学では学校の授業でデッサンを描くことはほとんどありません。デッサンの授業そのものは、たぶん4年間で1、2回くらいしかないと思います。ではどこでデッサンを学ぶかというと、大学に入る前の予備校で学ぶんですね。トップクラスの美術大学に入るには、美大進学専門の予備校に数年間通うのが普通です。自分は人に比べてちょっと絵がうまいと思って、なんの準備もなくいきなり受験しても、合格することは99%ありません。予備校に2〜3年通って合格するというのが普通です。僕も高校2年のときから通い始めて、一浪していますから、計3年通ったことになります。結局その間に数百枚はデッサンを描くことになります。

デッサンと言うと、「絵の描き方」というふうに捉える人が多いと思いますが、実際は「どうやって描くか」ではなく「どのように物を見るか」なのです。ですから、ここはこのように鉛筆を走らせて描くとか、このように色をつけていくといった技法的なことはあまり意味がありません。デッサンとは技術ではなく「物の見方の訓練」であり、だからこそツールがコンピュータに置き換わってもその力が生きてくるわけですが、この辺は書き始めると長くなるので、また別の機会にします。